HOME > 新しい賃貸に住んで

新しい賃貸に住んで

新居に住んでみて

賃貸でも分譲でも新居に着いたら真っ先に思うのが疲れたという事でしょう。遠くから引っ越してくるほど疲れる度合いが高いでしょう。賃貸と分譲で入る前に最も違うのはリフォームがされているかどうかでしょう。分譲の場合はたいてい入居する前に自分でリフォームをする人が多いでしょう。賃貸はあらかじめマンション側でリフォームをしてあるケースがほとんどですから入居した時はきれいな部屋だったりします。住んでみての良さは賃貸も分譲もほとんど変わりはないでしょう。良い所は良い、悪い所は悪いというのもほぼ同じです。大きな違いと言えば買い家と借り家の違いでしょう。
賃貸と言うと古い建物のイメージがある人もいます。しかし、建物自体は古くてもなかはリフォームされていて新しくなっていたりします。中古マンションを買うよりも賃貸マンションを買った方が何かとお得だったりします。自分の家ではないから傷つけたりは出来ませんけど予算から賃貸を選ぶ人が多いです。

このページの先頭へ

賃貸と分譲は違う人間関係

賃貸も分譲も住む以上は同じマンションに住む人たちとの人間関係をちゃんとしていった方がいいでしょう。分譲は買った家なのだからすぐに手放すなんて事はしたくありません。賃貸にしても引っ越してきたばかりなののまたすぐに引っ越すなんて事はしたくはありません。引っ越してきた地でうまくやっていけるのかは人間関係が大事になってくるでしょう。人間関係と言っても同じマンションや団地でも賃貸と分譲とでは少し人間関係が変わってきます。分譲はあまり隣近所と会話を交わさない人が結構います。賃貸の方は団地だったら毎月集会がありますから、人間関係はとても大事です。
マンションは特に人の目に入りにくいですから防犯の面からも隣近所との仲は良くしといた方が良いです。最近はマンション内での人付き合いは皆無という人は多いです。マンションと言うのは無防備な所もありますから自分で防犯はしっかりとした方が良いです。その一つが隣近所との仲です。この事は賃貸も分譲も変わりありません。分譲は防犯をしっかりとしている所が多いですが、昔の賃貸は防犯の面ではあまりしっかりしていませんでした。今は工事などをして賃貸も防犯をしっかりとしてきています。賃貸の人間関係と言うと隣近所とも防犯の面からも仲良くしといたほうが良いです。しかし、一番人間関係を築いていった方が良いのが管理人との関係でしょう。防犯の面からも管理人は大きな役目を果たすでしょう。それだけに管理人は重要な存在でしょう。賃貸の特に団地では住民の集まりが良く行われていますから人間関係がこじれてしまうと集会にも出たくなくなるでしょう。そうなると団地内で孤立する可能性だってあります。だから人間関係は大事でしょう。

このページの先頭へ

ページの先頭へ