HOME > 賃貸を決める前には

賃貸を決める前には

決める前にする事は

分譲の場合は選ぶ際に重要とするのは価格もそうですけど立地を気にする人も多いです。賃貸はと言うと立地も良いに越した事はありませんが家賃や敷金礼金の存在を気にする人が多いでしょう。似たような物件なら資金と礼金が安い方がいいと思うのは人間の心情でしょう。家賃を払うだけでも大変なのに、そのうえ資金と礼金を最初に払わなくてはいけないとなるとたまったものではないと思う人も多いでしょう。分譲マンションほど賃貸マンションは契約にややこしい事はありません。ややこしい事はなくてもする事は賃貸でもいろいろあります。賃貸を決める前にする事はまずどこに住むのかそれは非常に大事になります。特に親元を離れて一人暮らしを始める人にとってはとても大事な事でしょう。親の近くに住みたいのか親の家から離れた所に住みたいのかも重要でしょう。
一人暮らしを始める人はたいていワンルームのマンションやアパートを借りる事でしょう。分譲の場合はよほど大きな部屋ではない限りは間取りによって大きく価格が変わる事はあまりないでしょう。しかし、賃貸の場合は間取りが少し大きくなっただけで2、3万家賃が違ってきたりもします。都会に行くほど家賃の変動は大きいでしょう。2、3万と言っても大きいです。だいたい1年間にしますと24万円から36万円は違ってきます。部屋を決める際には利便性と家賃は外せない事でしょう。

このページの先頭へ

家賃以外の気になる事

部屋を借りる際に重要視しているのは家賃や立地それに利便性でしょう。家賃は毎月払わなくてはいけませんから払うのが厳しい所を借りる事はとても無理でしょう。家賃は生活するうえでとても大事で払えなくなったら追い出されてしまいますから必ず払わなければいけません。家賃を滞納しても数カ月待ってくれる所もありますが、たいていはすぐに出ていって下さいと言われるでしょう。なかには荷物を勝手に捨てられたり鍵を変えられたりする所もあります。そうならないためにも家賃を払うのは大事な事です。家賃以外にも賃貸には気になる事がたくさんあります。
立地や利便性は分譲でも気になる所でしょう。駅まで近いか遠いかは人にとっては大きなところでしょう。それに主婦や高齢者はスーパーなどの買い物をする所がどのぐらいの距離にあるのかもとても重要です。高齢者の場合は足腰が弱い人が多いですから近くに買い物をする所があるのが一番でしょう。そして最初に払うだけでいいですけど家賃と同じように重要視しているのが敷金と礼金の存在でしょう。良いマンションでも敷金と礼金が高いとあきらめる人も多数います。家賃以外でも部屋を借りるうえで気になる事はたくさんあります。気になりすぎると全然部屋が決まらないという事もありますからほどほどにしといた方が良いでしょう。決める前には一つの部屋だけを見て決める事はしないで複数の部屋を見て決めた方が良いです。

このページの先頭へ

ページの先頭へ