HOME > 住宅ローン審査とは

住宅ローン審査とは

複数の金融機関で相談を

マイホームを購入するとき、現金で一括。という人はほとんどいません。それほど大きな買い物だからです。ほとんどの人がお世話になるであろう、住宅ローン。その住宅ローンを受けるためには、まず審査を通らなければいけません。では、どんな審査があって、どんな基準なのでしょう。
まずは、本サイトにも何度か登場しましたが、「勤続3年以上」であること。これは、収入が安定しているかどうかを見るための判断材料のひとつになっています。ですので、転職の多い人は支払い能力が低いとみなされ、当然不利に
なります。ただし、同じ転職でも、キャリアアップのために同業種への転職であればまだ望みがあります。ですが、全く違う業種となると状況は厳しいようです。職種においても、評価の高い職業は「公務員」「会社員」「自営業」の順ということからも、いかに安定した収入に重点をおいているかが分かります。契約社員などの継続性が疑問視される職業は借入が難しいでしょう。また、自営業の場合は、過去3年間の所得が審査の対象となります。所得の低い年が審査の対象となりうることもありますので、できるだけ波のない収入を心がけましょう。
次に、給与所得者、年金受給者の場合、前年の税込給与年収、税込年金受給額がどうであったかを審査されます。金融機関によって、最低金額が異なりますが、150万円のところから400万円のところまで様々です。大体、200万円〜300万円程度のところが多いようです。
さらに、年収に占める、返済額の合計の割合を審査されます。マイホームを「購入」することでもお話しましたが、返済額の合計の割合とは、つまり、「返済比率」のことです。「返済比率」とは、住宅ローンの年間返済額とその他の借入年間返済額を足した金額が年収に対してどのくらいの割合になるかということです。ですので、住宅ローンを組むとき、他に借入をしているとなれば、当然返済比率は上がってきますので、不利になってしまいます。住宅ローンを組むときは、他の借入を返済しておきましょう。また、中にはクレジットカードについているキャッシング額も借入金だと判断する金融機関もありますので、使わないカードは解約しておくことをおすすめします。
返済比率は金融機関によって異なりますが、25%から35%としているところが多いようです。さらに、金利も上乗せして計算されます。こちらも金融機関によって異なりますが、一般的に4%としているところが多いようです。
そして、健康であるかどうかも審査されます。これから長い年月かけてローンを返済していくのですから、当然といえば当然です。つまり、返済能力があるかどうか、健康面からもチェックされるわけです。民間の金融機関の多くは、「団体信用生命保険」に加入できることが融資の条件になっています。基本的には、加入できないと融資は受けられません。しかし、一部の金融機関では条件を緩和しているところもありますので調べてみると良いでしょう。
以上のような審査項目で、総合的に判断がされます。金融機関によってその判断は違ってきますので、一つの金融機関でダメだったからと諦めずに、複数の金融機関で相談すると良いでしょう。

このページの先頭へ

ページの先頭へ