HOME > 住宅ローン審査とは > 賢い住宅ローンの組み方

住宅ローン審査とは

組み合わせて賢く組みましょう

では、住宅ローンはどんなふうに組むのが賢いのか、見てみましょう。
まず、住宅ローンは「返せる範囲内で」借りましょう。当たり前のことですが、意外と見落とされている事の一つです。どういうことかと言いますと、人はどうしても「今の家賃より2万だけ多いだけだから、なんとかなりそう」「○○の部分を削れば大丈夫」というふうに思いがちです。しかし、実際は教育費に思った以上にお金がかかったり、急な医療費で家計が苦しくなったりします。例えば、現在毎月支払っている家賃の範囲でローンを組むなど、無理のない返済額を設定しましょう。
次に、「頭金は多い方が良い」です。頭金が多いと、後のちの支払額に余裕ができます。頭金が少額やゼロだった人は、たくさん借入れた分、利息も上乗せされてキツキツの返済生活を送ることになります。例えば、4000万円の物件を購入するとき、頭金0円で35年ローンを組んだ人と、頭金1200万円で35年ローンを組んだ人とでは、約1200万円も総返済額が違ってきます。さらに、頭金が多いと金利も優遇されます。ですので、あらかじめしっかりと貯蓄しておくことが大切です。
さらに、「居住費は手取りの25%以内」に収めましょう。大体、25%以内に収まれば、家計を圧迫することなく無理のない返済プランと言えます。それ以上になってしまいますと、食費や光熱費、教育費や貯蓄など、削らなくてはいけなくなります。
そして、「金利はできるだけ安く」です。たとえ0.1%の違いでも、長い年月返済していくとかなりの額になります。例えば借入金が3000万円、30年返済の場合、金利が3.0%で借りるのと、3.1%借りるのとでは、60万円近く差が出てきます。ですので、金利はしっかりチェックしておきましょう。
また、「ボーナス払いに頼らない」ことです。なぜなら今の時代、ボーナスカットが珍しくないからです。例えば、ボーナス払いを目いっぱいの額組んでいたら、万が一ボーナスをカットされたとき、返済が立ちいかなくなります。ボーナス払いに頼らず、ボーナスは貯蓄に回すなどして余裕のあるローンを組みましょう。
さらに、「繰り上げ返済で負担を軽く」しましょう。すこしでも将来の返済を減らすことで、安心感がうまれます。繰り上げ返済には、「短期短縮型」と「返済額軽減型」があります。「短期短縮型」で繰り上げ返済しますと、借り入れ当初は利息の占める割合が高く、徐々に元金部分が増えていくため、繰り上げ返済する時期によって利息部分の支払額が変わってきます。例えば、借り入れから一年後などに繰り上げ返済しますとより大きな利息を支払わなくてすみます。「短期短縮型」は早ければ早いほどお得なのです。「返済額軽減型」とは、月々の返済額を減らす方法です。借入当初は「短期短縮型」、後半は「返済額軽減型」にするなど、組み合わせて活用すると効果的です。
しかしここで、繰り上げ返済すると、住宅ローン控除で受けられる還付金の額が減ってしまうのでは。という疑問が出てきます。では、金融機関から送られてくる「住宅ローン償還表」を見てみましょう。例えば、「元金」欄が10万円「利息」欄が5万円で推移しているとすると、100万円繰り上げ返済したとしすれば、「元金」部分に反映されますので、10ヶ月分が短縮でき、それにかかる利息、50万円(5万円×10ヶ月分)が節約できることになります。住宅ローン控除額とどちらがお得か。という判断は、節約利息(この場合は50万円)から繰り上げ返済手数料(金融機関によって異なりますが、5000円から2万円程度)を差し引いた額と、今年度の住宅ローンの控除額を比べてどちらが大きいか判断されると良いでしょう。

このページの先頭へ

ページの先頭へ